フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

御頭御左口神(おんとうみしゃくじしん)

御頭御左口神 御左口神石段 御左口神祠
「市指定天然記念物
 神長官邸のみさく神境内社叢
    昭和五十五年三月十四日指定

 当社叢は、次の樹種よりなる。
 カジノキ(クワ科)目通り幹周一・七〇メートル
 カジノキ(クワ科)目通り幹周一・一〇メートル
 カヤ(イチイ科)目通り幹周二・二五メートル
 クリ(ブナ科)目通り幹周二・八〇メートル
 その他
 二本のカジノキは、それぞれ、およそ一〇〇年、四〇年の樹齢と推定される。植樹されたものであるが、諏訪大社の神紋に由緒をもつ樹種で、当地方としては珍しく、また、貴重である。カヤ・クリも市内では大きい方であり、古い由緒をもつ当社を象徴する社叢として保存の価値を認めるものである。
 みさく神は、諏訪社の原始信仰として、古来専ら神長官の掌る神といわれ、中世の文献「年内神事次第旧記」・「諏訪御符礼之古書」には「前宮二十の御左口神(みさぐじ)勧請・御左口神配申紙は神長の役なり。」とある。このみさく神は、御頭(おんとう)みさく神ともよばれ、諏訪地方みさく神祭祀の中枢として重んぜられてきている。
                       昭和五十六年三月
                          茅野市教育委員会」(案内板より)
供物として鹿の頭蓋骨が供えられている。うーんワイルド!
カジノキ 御左口神供物




スポンサーサイト

貞光・熊野十二所神社

熊野神社 熊野神社大イチョウ 熊野神社拝殿

万福寺のすぐ近くに熊野十二所神社がある。大イチョウはラッパイチョウと呼ばれ、葉っぱの形がラッパの形をしているという。推定樹齢約400年、根周り6.1メートル、樹高45メートル。
「寛保改神社帳によると、村内に熊野十二社大権現(現熊野十二所神社)や八大竜王を祀り、万福(まんぷく)寺(現真言宗御室派)がこの両社の別当を勤めていた。」(『徳島県の地名』から)

能福寺平相国廟

能福寺  能福寺大仏  能福寺平相国廟
能福寺には大仏があり、平清盛の遺骨が納められているという平相国廟がある。
能福寺と兵庫大仏
能福寺地図

桑田神社

案内板
「鍬山神社の祭神と共に保津の山峡を切開き亀岡盆地を干拓したという大山咋神と市杵姫命とを祭っている。市内では古い社で大日本史神祇志にこの社地辺を桑田というと記されているにかかわらず、明治六年まで川向いの保津の請田神社を名のっていた。
 ここは保津の急流を見下す景勝の地にあり、古代集落の成立に適し、盆地の入口に当り政治的にも重要地位を示していたと考えられ、秦氏の勢力がいち早く波及した所である。近世篠村七郷から厚い崇敬をうけている。」
なまず  桑田神社  保津川
保津川に近い神様だけあって旗の紋は鯰。
地図


徐福サイロ 熊野らしい商標(2)

徐福サイロ
徐福伝説が熊野にはある。秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めてやって来た徐福は、熊野に流れ着いたのだ。
サイロというのが何を意味するのかよくわからないが。

FC2Ad