フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

児童文化と学校外教育の戦中戦後

児童文化と学校外教育の戦中戦後 (叢書 児童文化の歴史II)児童文化と学校外教育の戦中戦後 (叢書 児童文化の歴史II)
(2012/06/19)
加藤理

詳細を見る

松永健哉「校外生活と児童文化問題」の解題を書いた。書誌事項
スポンサーサイト

比較日本文化研究第11号

11号表紙比較日本文化研究 第11号(2007年12月) (11)
(2007/12)
特集 冥福という<来世>-高齢化社会と変わる老人観

詳細を見る

特集 山泰幸、大岡四頼光、岩本通弥、高坂宏一
――――
巡礼による死者供養について 中山和久
民族社会における「陰陽師」の存在形態・補遺 小松和彦
近代大和の民俗資料「奈良県風俗誌」 安井真奈美
日本文化における伝播の特質 マルクス・リュッターマン

「成立史上における『紙芝居の作り方』の位置―紙芝居に関する最初の単行本、その意義と著者久能龍太郎のこと」を執筆した

日本文化の人類学/異文化の民俗学

日本文化の人類学/異文化の民俗学
(2008/08)
小松和彦還暦記念論集刊行会

詳細を見る

日本文化人類学
日文人類紙片
「『平成狸合戦ぽんぽこ』のなかの百鬼夜行―妖怪のイコノグラフィ」を書いています。

子ども白書2008

子ども白書 2008―「子どもを大切にする国」をめざして (2008)子ども白書 2008―「子どもを大切にする国」をめざして (2008)
(2008/07)
日本子どもを守る会

詳細を見る

「メール漬けからケータイ文芸まで」P174~175を書いています。

新・紙芝居全科

新・紙芝居全科―小さな紙芝居の大きな世界新・紙芝居全科―小さな紙芝居の大きな世界
(2008/01)
文民教育協会子どもの文化研究所

詳細を見る

「子どもの文化」は普段アマゾンで売られていないから、嬉しいなあ。
次のページ

FC2Ad