フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

福栄寺からの返事

福栄寺ご住職様
 お便りをさせていただいたのは、もうずいぶん昔のことになりますが、そちらの周辺で昭和20年9月26日亡くなった久野文雄という方のことをご存じであれば、教えていただきたいということです。戒名は浄光普照信士。もともと名古屋市東区白壁町の名家、久野氏の一族で、東京で銀行に勤めなどされておられたようですが、病を得て(結核?)昭和13年ごろにはすでにそちらで療養をはじめています。同封のコピーにあるような家系で、本来なら久野家の菩提寺、大須の久野山清安寺にお墓があるはずなのですが、早くに家督を継がずに隠棲したためか、平和公園の清安寺にはお墓はないようです。
 ご存知かもしれませんが、この久野文雄氏の弟は、久野豊彦という方で、文学者として名を残した方です。お兄さんの文雄さんも二冊本を書いていて、そのことで私が研究をしているのです。
 もし、なにかご存知のことがあれば、お教えいただければたいへんありがたいです。また、そのことはだれそれが良く知っているというようなことでも、お教えいただけると、私からうかがいに出向きます。久野家と関わりのあるお家が、お寺の近くにあったのではないかと考えております。

回答
当時私は学徒兵として特別操縦見習士官に合格 昭和十八年より昭和二十一年迄戦闘機操縦者として南方に出陣 南方各地を転戦しておりました 従って村の事もあまり知りませんでしたし当時の事を知っている人は皆亡くなられて誰にきくと云ふ事も出来ません 寧ろ私が現在村の先輩として知らねばなりませんが私の寺は真宗大谷派東願寺の末寺で他宗の事はよく知りません 大須の久野山清安寺様の事も全く知りません ただし昭和十三年頃篠田で療養をしておられて由 私の中学時代の事で久野さんと云ふ方がおられると云うふ事はきいております 音信はありませんでした 今ではその家族が何処へ行かれたか全く分かりません 先づはこんな程度の事しか申上げられません 本当に失礼を致しました 
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad