フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

韓竃神社

鰐淵寺から近い。神倉神社の石段はひどかったが、ここはもっとひどい。ぜったい岩登りのレベルである。さらに登り切った所にとんでもない入口があり、泣きそうになる。
韓竃石段  韓竈入口  韓竃祠  祠側
案内板から
「韓竃(からかま)神社 鎮座地 出雲市唐川町字後野408番地 主祭神 素盞鳴命
 由緒 出雲国風土記(733年)には韓銍社(からかまのやしろ)、延喜式神名帳(927年)には韓竃神社と記されており創立は不詳であるが、非常に古い由緒を持つ神社である。
 社名の、カラカマは、朝鮮から渡来した「釜」を意味するとされている。即ちこれは、祭神の素盞鳴命が御子神と共に新羅に渡られ、我が国に「植林法」を伝えられる共に「鉄器文化」を開拓されたと伝えられていることと、関係があろう。又当社より奥部の北山山系が、古くから産銅地帯といわれ、金掘り地区の地名や、自然銅、野タタラ跡、などが見られることと、鉄器文化の開拓と深い関係があるといわれている。
 「雲陽誌」(1717年)によると、当社は、素盞鳴命を祀るとして、古老伝に『素盞鳴命が乗り給いし船なりとて、2間4方ほどの平岩あり、これを「岩舟」という、この岩は本社の上へ西方より屋根の如くさしかざしたる故に、雨露も当らず世俗に「屋方石」という。又、岩舟のつづきに周2丈横1尺5寸ばかり、高さ8尺ほどの岩穴となっており、奥の方まで2間ばかりあり、これが社までの通路となっている』と記されている。
例大社祭 11月3日」
神社地図


 



スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad