フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

叡福寺

叡福寺山門 叡福寺金堂 叡福寺多宝塔
「叡福寺 太子町太子
単立寺院。磯長山聖霊院と号し、本尊は如意輪観音。石川いしかわ寺・磯長しなが寺・御廟ごびよう寺ともよばれ、下太子大聖勝軍しものたいしたいせいしようぐん寺(現八尾市)・中太子野中なかのたいしやちゆう寺(現羽曳野市)とともに上太子かみのたいしと並称される。聖徳太子は推古天皇三〇年二月二二日に没し当地に葬られた。すでに同二七年当地に自らの墓所を築いていたともいう(聖徳太子伝補闕記)。墓は伽藍の北側にある。寺伝によると、推古天皇が太子の墓を守護追福するため坊舎を営んだことに始まると伝え、神亀元年(七二四)聖武天皇の勅願によって広大な伽藍が建立されたという。」(『大阪府の地名』から)



聖徳太子御廟
聖徳太子廟門 聖徳太子廟




スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad