フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

御頭御左口神(おんとうみしゃくじしん)

御頭御左口神 御左口神石段 御左口神祠
「市指定天然記念物
 神長官邸のみさく神境内社叢
    昭和五十五年三月十四日指定

 当社叢は、次の樹種よりなる。
 カジノキ(クワ科)目通り幹周一・七〇メートル
 カジノキ(クワ科)目通り幹周一・一〇メートル
 カヤ(イチイ科)目通り幹周二・二五メートル
 クリ(ブナ科)目通り幹周二・八〇メートル
 その他
 二本のカジノキは、それぞれ、およそ一〇〇年、四〇年の樹齢と推定される。植樹されたものであるが、諏訪大社の神紋に由緒をもつ樹種で、当地方としては珍しく、また、貴重である。カヤ・クリも市内では大きい方であり、古い由緒をもつ当社を象徴する社叢として保存の価値を認めるものである。
 みさく神は、諏訪社の原始信仰として、古来専ら神長官の掌る神といわれ、中世の文献「年内神事次第旧記」・「諏訪御符礼之古書」には「前宮二十の御左口神(みさぐじ)勧請・御左口神配申紙は神長の役なり。」とある。このみさく神は、御頭(おんとう)みさく神ともよばれ、諏訪地方みさく神祭祀の中枢として重んぜられてきている。
                       昭和五十六年三月
                          茅野市教育委員会」(案内板より)
供物として鹿の頭蓋骨が供えられている。うーんワイルド!
カジノキ 御左口神供物




スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad