フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

疫病神と性神

疫病神社
 弥久賀神社境内には疫病神や性器を模った性神などが祀られていた。
「疫病神社 御祭神八十禍津日神 大禍津日神
 本社は、疫病の流行を防ぐ社で何時からこの地に奉られたか不明。明治初年から昭和二十五年頃まで大池から差海全域に渡り腸チブスが大流行し約百人余りの方が亡くなり、これを鎮めるため昭和二十四年十二月に再建した社であります。」(案内板から)
神御祖ノ社 男根神
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad