FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

小浜宿 いわし坂

大堀花の道
共同墓地から大堀川沿いに花の道を北に向かう。桜の並木で4月の頃にはきれいだろう。大堀川は小浜宿の西側をぐるりと取り囲んでいて文字通り掘割の役割を果たしている。川がぐぐっと右の方へ折れ曲がって行って崖が高くなって行く辺りに、上に登るいわし坂がある。
いわし坂
「いわし坂
 『小浜』の地名は、太古武庫の海が深く入り込んでいた頃の一海村であった地名と伝承されている。
 『いわし坂』と呼ぶのは、この附近まで内海であった頃、武庫湊でとれた鰯を荷揚げしたところより呼ばれるようになったといわれている。又、このあたりは『雑魚場』『しおから橋』などと呼ばれていた。
 江戸期『小浜町』は寺内町であり、自衛のため橋を架けなかった。この上の『国府橋』は、明治8年に出来た橋で、それ以前はこの坂道を通って有馬街道に出ていた。」
(案内板から)
北門跡
 いわし坂を登り切った所が北門跡で、国府橋がかかっている。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1023-f6a45fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad