FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

龍泉寺

龍泉寺門 小角銅像 龍の口清水
「龍泉寺 りゆうせんじ [現]天川村大字洞川
 洞川集落のほぼ中央、大峰登山口にある。大峯山と号し、真言宗醍醐派。本尊は弥勒菩薩。役行者が八大竜王尊を祀り、修験道中興の祖聖宝によって再興されたと伝える。大峯入峯の行者が水行ののち、八大竜王に道中安全を祈る行所であった。かつては本堂・護摩堂・弁天堂など多くの堂宇が並んでいたが、昭和21年(1946)の大火で竜王堂のみ残して焼失。現在の建物はその後の再建。昭和35年まで境内は女人禁制であった。」
『日本歴史地名大系』, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2018-08-16)
 本堂は山上ヶ岳山頂にある。
龍泉寺池 龍泉寺滝行場

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1034-7705290e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad