FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

松江熊野大社

8月13日孫たちと遊んで、熊野大社の隣の宿泊施設に泊まった。
天狗山2 熊野大社鳥居2 熊野大社神門2 熊野大社本殿2
 谷の奥に天狗山が見えている。
「いうがわ【意宇川】島根県:松江市/旧意宇郡地区
 八束やつか郡八雲やくも村と能義のぎ郡広瀬ひろせ町の境に位置する天狗てんぐ山(六一〇・四メートル)北西麓を水源とし、八雲村中央部を北流、八雲村境の松江市大草おおくさ町付近で大きく蛇行して東へ流れを変え、八束郡東出雲町出雲郷あだかえから松江市竹矢ちくや町・八幡やわた町を経て中海に注ぐ。一級河川で、河川延長は一一・五キロ。古代・中世は意宇おう郡を流れる川として「おうがわ」とよばれたと考えられるが、近世以降は「いうがわ」と称される。上流部の八雲村熊野大社付近では熊野くまの川、下流部では出雲郷川ともよばれる。「出雲国風土記」意宇郡条に「意宇川。源は郡家の正南一十八里なる熊野山より出でて北に流れ、東に折れ、流れて入海に入る。年魚・伊具比あり」と記され、熊野山は天狗山、入海は中海・宍道湖のうちの中海域を示す。」(『日本歴史地名大系』, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com ,参照 2018-08-17)
 いまだに5月第4日曜日は元宮祭で、天狗山に登って参拝しているようだ。もともと天狗山に元宮があったという想定である。
熊野大社年中行事

鑚火殿2 荒神社 荒神社牛
 荒神社には石の牛が囲いの後に隠れている。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1035-d2e40af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad