FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

多賀城碑

多賀城碑堂 多賀城碑
 南大路跡を下って行くと道路を挟んで、多賀城碑の収まったお堂がある。
「多賀城碑 たがじようひ [現]多賀城市市川
 多賀城跡の外郭南門付近に建つ天平宝字六年(762)の紀年銘をもつ古碑。壺碑つぼのいしぶみともよばれ、日本三古碑の一つともされている。この碑は江戸時代初期に掘出されたものといわれ、発見当時以来南門内側の小高い丘の上に碑面を西に向けて建てられている。現在は仙台藩が建てた宝形造の覆堂の中に納められて保護されている。碑は高さ196cm、幅92cm、厚さ70cmの大きな砂岩礫を素材とし、碑面部分は平坦に加工されている。碑面には中央上部に大きく「西」の一字が刻まれ、その下には細い界線に囲まれた縦122cm、横79cmの範囲に以下のような11行140字が彫られている。
多賀城 去京一千五百里
去蝦夷国界一百廾里
去常陸国界四百十二里
去下野国界二百七十四里
去靺鞨国界三千里
此城神亀元年歳次甲子按察使兼鎮守将
軍従四位上勲四等大野朝臣東人之所置
也天平宝字六年歳次壬寅参議東海東山
節度使従四位上仁部省卿兼按察使鎮守
将軍藤原恵美朝臣朝獦修造也
天平宝字六年十二月一日」
"たがじょうひ【多賀城碑】宮城県:多賀城市/市川村", 日本歴史地名大系, JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2018-09-13)
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1042-5dcbb412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad