FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

花立廃寺跡

花立廃寺跡 花立廃寺跡石碑
 平泉文化遺産センターは芝生の広い庭、と思ったら、パネルがあって、花立廃寺跡だということがわかる。
「花立廃寺跡(はなだてはいじあと)
 この遺跡は、中央に4間×7間(17.4×31.0m)の堂跡があり、その左右に翼廊のつく形式の建物跡です。寺院、総社跡、館跡などいろいろに推定されていますが、藤原氏のとき(12世紀)、各地から勧請された神社の総社の跡とする説が有力です。
 現在も、この基壇の下に当時の礎石が27個残っていますが、遺跡の保存上その上を盛り土し、新しく石を据え、その位置を示しています。翼廊の先端がどこまで伸びていたかは発掘調査でも確認することができませんでした。花立廃寺跡は国の特別史跡『毛越寺境内附鎮守社跡』および史跡『金鶏山』に含まれています。」
(案内板から)
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1048-7f698b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad