FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

観自在王院庭園跡

観自在王院案内板 観自在王院
「 観自在王院は、鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』に奥州藤原氏二代基衡の妻が建立した寺院と記されている。西隣に特別名勝毛越寺庭園、舞鶴が池の北方には史跡金鶏山、南隣に高屋と推定される大型建物跡が発見された倉町遺跡がある。舞鶴が池は修復整備され、大阿弥陀堂・小阿弥陀堂・鐘楼・普賢堂跡の礎石が往時の伽藍を今に伝えている。発掘調査で西辺土塁・西門・南門が発見され、伽藍は東西120m・南北240mの土塁で囲まれていたと推定される。また、観自在王院西辺南北土塁と毛越寺東辺南北土塁の間は全面玉石敷きで、牛車を止めた車宿跡も見つかっている。
 昭和48年から53年度にかけて史跡の修復整備が行われ、現在の姿が再現された。日本庭園史上でも価値が高く「旧観自在王院庭園」として名勝に指定された。」
(案内板から)
 案内板の向こうに見えるのは毛越寺の入り口。毛越寺庭園と観自在王院跡は隣り合っている。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1056-476e8c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad