FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

無量光院庭園跡

無量光院復元図 無量光院池
「特別史跡無量光院跡
 無量光院は三代藤原秀衡が建立しました。モデルは宇治の平等院鳳凰堂。鳳凰堂は、『極楽を疑うならば宇治のお寺をお参りしなさい』と子供にまで唄われました。無量光院もまた仮想の極楽浄土です。両寺院とも本尊は阿弥陀如来像。西方に極楽はあり、その主は阿弥陀如来なのです。春秋彼岸の頃、無量光院の正面に立つと、西方にある金鶏山の真上に日が沈みます。入日の中に阿弥陀如来が浮かび上がる様子は、まさしく秀衡が思い描いたこの世の極楽浄土だったのです。」
(案内板から)
無量光院民家 無量光院金鶏山
金鶏山が背景に三角の山として見えている。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1057-6a24d42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad