FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

衣川三峰神社奥宮

三峰神社の奥に山に通じる道があったので登って行く。
三峰奥殿入口 三峰奥殿石段 倒木
この三峰神社は『遠野物語拾遺』にも記述があった。
「遠野物語拾遺
七一 
 この地方で三峰様というのは狼の神のことである。旧仙台領の東磐井郡衣川村に祀ってある。悪事災難のあった時、それが何人かのせいであるという疑いのある場合に、それを見顕そうとしてこの神の力を借りるのである。まず近親の者二人を衣川へやって御神体を迎えて来る。それは通例小さな箱、時としては御幣であることもある。途中は最も厳重に穢れを忌み、少しでも粗末な事をすれば祟りがあるといっている。一人が小用などの時には必ず別の者の手に渡して持たしめる。そうしてもし誤って路に倒れなどすると、狼に喰いつかれると信じている。前年栃内の和野の佐々木芳太郎という家で、何人かに綿桛(わたがせ)を盗まれたことがある。村内の者かという疑いがあって、村で三峰様を頼んで来て祈祷をした。その祭りは夜に入り家じゅうの燈火をことごとく消し、奥の座敷に神様をすえ申して、一人一人暗い間を通って拝みに行くのである。集まった者の中に始めから血色が悪く、合わせた手や顔を顫(ふる)わせている婦人があった。やがて御詣りの時刻が来ても、この女だけは怖がって奥座敷へ行きえなかった。強いて皆から叱り励まされて、立って行こうとして、膝がふるえ、打ち倒れて血を吐いた。女の供えた餅にも生血がついた。験はもう十分に見えたといってその女は罪を被せられた。表向きにはしたくないから品物があるならば出せと責められて、その夜の中に女は盗んだ物を持って来て村の人の前に差し出した。
七二
 字山口の瀬川春助という人も、それより少し前に、浜へ行って八十円の金を盗まれた時、やはりこの神を頼んで来て罪人がすぐに現われ、表沙汰にせずに済んだ。明治四十三年に字本宿(もとじゅく)の留場某の家が焼けた時には、火をつけた者が隣部落にあるらしい疑いがあって、やはり三峰様を頼んで来て両部落の者が集まって祭りをしたが、その時は実は失火であったものか、とうとう罪人が顕われずにしまった。
七三
 この祭りが終わると、すぐに三峰様は衣川へ送って行かねばならぬ。ある家ではそれを怠って送り届けずにいたために、その家の馬は一夜のうちにことごとく狼に喰い殺されたこともあったという。」
(新版『遠野物語 付・遠野物語拾遺』角川文庫、2004)
三峰奥殿鳥居 三峰奥殿祠 衣川遠望
 しかしどうも和我叡登拳神社ではないような気がする。大きな石など見当らないのだ。時刻も午後4時を過ぎて来た。昨夜の台風のせいで、大きな木が倒れている。また、明け方午前3時ごろ大きな地震があったが、北海道の地震だった。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1060-1124cae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad