FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

黒井城本城

東曲輪 三の丸 二の丸
「丹波の赤鬼・悪右衛門 赤井直正
 赤井(荻野)悪右衛門直正は、後屋城主赤井時家の次男として生まれ、幼名を才丸と言い、当時朝日城に拠っていた土豪荻野十八人衆に迎えられて盟主となり、荻野姓を名乗りました。
 その後、黒井城主となった直正は、黒井城の改修に手をつけ、防御を固めると共に、その勢威を丹波一円に広げ、また但馬へも進出して、その勇猛ぶりは丹波の赤鬼と呼ばれました。当時の名将十三人の内の一人にも数えられています。
 天正四(1576)年、明智光秀の黒井城攻めでは、盟友であった八上城主波多野秀治と謀り、機をみて双方から明智勢を挟み撃ちにし敗走させました。後にこの作戦を「赤井の呼び込み戦法」と呼んでいます。
 天正六(1578)年、反織田勢力の一翼を担った悪右衛門直正は病没。内室は前関白近衛前久の娘か妹と伝えられ、夫婦の位牌は黒井の興善寺に祀られています。」
(案内板から)
 黒井城は保月城とも呼ばれ、石碑が本丸跡に立っている。
周辺曲輪砦 保月城跡碑 千丈寺岩
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1079-55ddb1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad