FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

回向院 万霊供養塔

回向院山門 回向院供養塔2
 両国駅の南、回向院まで歩く。万霊供養塔はすぐわかったが、明暦の大火供養塔を見つけ損ねた。力塚は勧進相撲から始まった回向院相撲とのつながりを示している。両国駅近くの蕎麦屋で天せいろを食べる。
「回向院は、今からおよそ360年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院です。
 この年、江戸には『振袖火事』の名で知られる明暦の大火があり、市街の6割以上が焼土と化し、10万人以上の尊い人命が奪われました。この災害により亡くなられた人々の多くは、身元や身寄りのわからない人々でした。当時の将軍家綱は、このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るようにと隅田川の東岸、当院の現在地に土地を与え、「万人塚」という墳墓を設け、遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる大法要を執り行いました。このとき、お念仏を行じる御堂が建てられたのが回向院の歴史の始まりです。
 この起こりこそが「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くもの」として現在までも守られてきた当院の理念です。」(回向院HP開創から)
回向院供養塔1 回向院力塚


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1095-cfac2301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad