FC2ブログ

フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

湯島聖堂

湯島聖堂 湯島聖堂裏
両国からお茶の水へ。このころ小雨が結構降って来た。神田明神目当てに歩くと、緑青の屋根が見える。これかと思って入ったら、これが湯島聖堂だった。孔子様が祀ってある儒学のお社。
「 徳川五代将軍綱吉は儒学の振興を図るため、元禄3年(1690)湯島の地に聖堂を創建して上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と林家の家塾をここに移しました。これが現在の湯島聖堂の始まりです。その後、およそ100年を経た寛政9年(1797)幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」を開設しました。
 明治維新を迎えると聖堂・学問所は新政府の所管するところとなり、当初、学問所は大学校・大学と改称されながら存置されましたが、明治4年(1871)これを廃して文部省が置かれることとなり、林羅山以来240年、学問所となってからは75年の儒学の講筵は、ここにその歴史を閉じた次第です。」(湯島聖堂HPから)
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/1096-059c872d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad