フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

桑田神社

案内板
「鍬山神社の祭神と共に保津の山峡を切開き亀岡盆地を干拓したという大山咋神と市杵姫命とを祭っている。市内では古い社で大日本史神祇志にこの社地辺を桑田というと記されているにかかわらず、明治六年まで川向いの保津の請田神社を名のっていた。
 ここは保津の急流を見下す景勝の地にあり、古代集落の成立に適し、盆地の入口に当り政治的にも重要地位を示していたと考えられ、秦氏の勢力がいち早く波及した所である。近世篠村七郷から厚い崇敬をうけている。」
なまず  桑田神社  保津川
保津川に近い神様だけあって旗の紋は鯰。
地図


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/156-0913ede9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad