フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

雲井御所

ここもまた あらぬ雲井となりにけり 空行く月の影にまかせて と詠んだ仮の御所なので、雲井御所とされる。高松藩主が石碑を建立した。石碑は中川観音堂とともにちょっとした敷地にあるが、実際に雲井御所とされた長命寺跡は、綾川の向こうで、新雲井橋の点対象の位置にある。この後、新院は鼓岡へ移ってそこで崩御。
雲井御所跡  雲井御所碑と中川観音堂  雲井御所碑
雲井御所地図
新雲井橋を渡って、すぐ左に入り、堤防を右に降りると車ではどん詰まりの、ちょっとした広場がこの碑のある所。
坂出の歴史 崇徳上皇




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/214-ad46bd0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad