フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

岡崎神社

岡崎神社1  岡崎神社2  岡崎神社うさぎ
崇徳院は炎上する白河北殿から逃れて、如意ヶ岳まで行くが険しすぎて、市内に戻り、岡崎神社あたりまで来る。
スサノオが祭神だが、牛頭天王であり、後にこれが八坂神社に行く。うさぎが氏神の使いというのも、白兎神社と同じく疱瘡神、疫病除けの神の共通性を感じる。ここが初詣代わりか。
岡崎神社地図
名所旧跡めぐり岡崎神社
兎血丸を流行病対策とした 流行病(大分歴史事典)


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/234-dbcdeeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白兎神社

12月29日鳥取へ。      「後世、白兎をまつると伝える因幡と伯耆の二つの神社は、どちらも現代まで疱瘡を守る神として信仰されていた。因幡の白兎神社は、古くは『勝見名勝志』に、疱瘡を守護する神であ...

  • 2012/01/10(火) 07:45:16 |
  • 研究ノートと書評

鍬山神社

     亀岡祭の主神。鍬山宮と八幡宮のダブル神様が形原神社御旅所に神輿として鎮座して祭りが始まる。 提灯の紋は兎。 地図

  • 2012/01/13(金) 08:10:20 |
  • 研究ノートと書評

FC2Ad