フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

大輪田泊石椋

石椋は築島寺のすぐ近く  石椋  石椋想像図
築島寺を出て、運河に沿って右に行くとすぐに、この石椋(いわくら)が置かれている。大輪田泊の防波堤の一部のようだ。
コンクリートのない時代、港造営はたいへんだったようだ。だから松王のような人柱伝説も囁かれたのだろう。
「この花崗岩の巨石は、昭和27年の新川橋西方の新川運河浚渫工事の際に、重量4tの巨石20数個と一定間隔で打込まれた松杭とともに発見された一石です。当時は、平清盛が築いた経ヶ島の遺財ではないかと考えられていました。
 その後、この石材が発見された場所から北西約250mの芦原通1丁目で、平成15年確認調査が行われ、古代の港湾施設と考えられる奈良時代後半から平安時代中頃の大溝と建物の一部が発見されました。このことにより石材が発見された場所は、当時海中であったと考えられ、出土した石材は、古代大輪田泊の石椋の石材であったと推定されます。
 石椋(いわくら)とは、石を積上げた防波堤(波消し)や突堤の基礎などの港湾施設であったと考えられます。その構造は出土状況から、港の入口にこのような巨石を3~4段程度積上げ、松杭で補強し、堤を構築していたものと推測されます。
 大輪田泊は、平安時代のはじめに律令国家の管理のもと造営された泊(港)です。当時、物資輸送や外交航路として重要視されていた瀬戸内海の航路と泊の整備が進められていました。当時の史料には泊の運営管理を行う官舎や石椋等の港湾施設が整備され、中央政府から派遣された造大輪田船瀬(ぞうおおわだふねせ)(拍)使が泊の運営や修築にあたり、修築後は国司が運営管理を行っていた様子が記されています。また、承和3年(831)には、当時の中国や東アジアの最新の文化や情報を取り入れるための遣唐使船が暴風雨を避けるために寄港していることから、このころには大型外洋船の寄港地としても整備されていたことが窺えます。 平成17年3月 神戸市教育委員会 兵庫区役所」





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/282-d815cdd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad