フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

首里森御嶽

首里城正殿 首里城御差床
正殿と王座のある御差床(うさすか)。首里城正殿内部
首里森御嶽遠景 首里森御嶽
正殿に入る奉神門の前にあるのが、首里森御嶽(すいむいうたき)。首里城正殿周辺
「首里森とは首里城の別称で、御嶽とは沖縄の聖地または拝所のことです。琉球の神話では、この御嶽は神が造った聖地であり、首里城内でもっとも格式の高い拝所の一つです。城内にはここをふくめて「十嶽」と呼ばれる10ヶ所の拝所があったといわれています。
 国王が城外の寺社に出かけるときにこの御嶽で祈りをささげ、神女たちが多くの儀礼を行いました。
 石積内の植物はカジュマルやクロッグです。1997(平成9)年に復元されました。」(案内板から)

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/360-3c6a3d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad