フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

波上宮

波上宮鳥居 波上宮本殿 波上宮崖の上
「昔、釣漁を生業とする崎山(さちやま)村の崎間里主なる者が渚で異石と遭遇、豊漁を祈ったところ大漁となって、その後も祈るごとに霊験があり、夜になると石の周りは光を発した。霊石に違いないと持帰り崇めたところ、国の神々が嫉妬して奪おうとしたので、逃げて波上まで来た。ある時、われは日本熊野権現なり、この地に社を建て、国家守護となすべしという神託があり、王宮に奏上し社が建立されたという。」(『沖縄県の地名』から)
波上宮地図


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/375-e7bfc882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad