フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

天狗山遥拝所

明見水 祓所大岩
上の宮跡から山道を登るとすぐに明見水の大岩が。水が滴り落ちている。そのあと祓所の大岩に突き当たる。
熊野元宮遥拝所 熊野元宮天狗山
御笠山の天狗山遥拝所。熊野大社はもともと天狗山(熊野山)山頂にあったという。
「「出雲国風土記」意宇郡条に「意宇川。源は郡家の正南一十八里なる熊野山より出でて北に流れ、東に折れ、流れて入海に入る。年魚・伊具比あり」と記され、熊野山は天狗山、入海は中海・宍道湖のうちの中海域を示す。意宇川の沖積作用によって形成された意宇平野は古代出雲の中心地で、大草町の意宇川北岸には出雲国府跡があり、その北方の水田地帯には条里遺構が残る。」(『島根県の地名』から)
今回天狗山に登るまではできないだろうと考え、須我神社に向かった。
天狗山地図



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/388-297d8a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad