フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

室生龍穴

室生龍穴遥拝所 室生龍穴岩盤 招雨瀑
「竜穴は竜王のいます穴とされ、日本古来の水の神信仰が大陸文化の影響によって転化したものである。当社後方山中には渓流に沿った岩壁に竜穴と称せられる岩屋があり、ここで請雨の祭祀が行われた。なお中世武士赤埴氏の系図および旧記(ともに「大和志料」所収)には、室生竜穴は須世理姫(すせりびめ)命のこもった旧跡とされ、延暦九年(七九〇)に須世理姫命(すせりびめのみこと)社は現奈良県榛原町赤埴(あかばね)鎮座の白岩(しらいわ)神社に遷座したことがみえる。」(『奈良県の地名』から)
室生龍穴


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/404-0da30920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad