フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

金勝寺

金勝寺山門 金勝寺二月堂 金勝寺本堂
「金勝寺の由緒
 当時は天平5(733)年聖武天皇の勅願により、奈良の都(平城京)の東北奇問を守る国家鎮護の祈願寺として、東大寺の初代別当の良弁僧正が開基し、8世紀の中頃までに近江の25別院を総括する金勝山大菩提寺として法相宗興福寺の仏教道場でありました。(興福寺官務牒蔬)
 弘仁6(815)年嵯峨天皇の勅願をうけ、興福寺の高僧願安が、伽藍を整備し、天長10(833)年仁明天皇により、鎮護国家の僧侶を育成する官寺である『定願寺』に列せられ、金光明最勝王経の金勝陀羅尼品の「金勝」が勅願の題字であり、金勝山金勝寺になりました。(続日本紀)」(パンフレットから)
二月堂には4メートル近い軍荼利明王立像がある。仏像はどれも素晴らしく、絵ハガキも売っている。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/427-ea946227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad