フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

熊野・妙見山登山口

妙見山全貌 原地神社入口 妙見山登山口
12月25日、熊野妙見山に登りに出かけた。ところがその日は、中国自動車道が吹田近くで事故の為通行止、その先の名神茨木辺りも二カ所ほど事故。とあちこち同時多発事故で、辛うじて阪神高速池田から入り、松原から近畿自動車道に移り、南阪奈から大宇陀に出て南下するという道をとった。大宇陀ですでに昼。
 三重県御浜町神木に着いたころは午後2時。おそらく登れるギリギリの時刻だが、工事の人に聞いたりした登山口がわからない。お寺の方へ行って地図を見直してとしているうちに午後3時になってしまう。やっと登山道を見つけ、3丁まで登ったが、暗くなるのが怖くて、明日の天気がわからないが、引き返す。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/456-0892a1d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad