フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

神木・原地神社

原地神社入口 原地神社参道 原地神社拝殿
車を置かせてもらった原地神社。アプローチの目標でもあった。
「原地の西北約二キロに標高七四八・八メートルの妙見山があり、頂上に妙見倉がある。北斗七星を祀る。国家鎮護・除災招福の霊地として知られる。例祭は毎年正月一五日。参道二〇町二〇間に一町ごとの町石が立つ。原地に榎本出雲守の居館跡、旧村社原地神社がある。同社は明治四二年(一九〇九)前田・上・深山・宝珠の各社を合祀した。」(『三重県の地名』から)
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/461-9a8852fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad