フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

万福寺

万福寺山門 万福寺本堂 万福寺為左衛門狸祠
「美馬郡貞光町大字大田に万福寺という寺がある。その境内の松の大木の下にささやかながら一宇の祠があって、祠の前には小さい赤旗や白旗が立てられ、赤飯や油揚げなどが絶えず供えられている。この祠には狸が祀られているので、これに願をかけると、いろいろな利益があるが、殊に歯の痛いのが治ることは不思議なほどである。
 ここに祀られている狸は、烏帽子為左衛門というもので、もと貞光川の渡船場の上手にある烏帽子岩に棲んで、しきりに人を魅していたものである。ところがある時ふとしたことから、村の国見某に取り憑いているうちに、その肉体が殺されたため帰るところが無くなってしまった。ある時くだんの万福寺の僧の釈某が祈祷をして、その狸と問答してみると、前述のごとくであったので、それでは俺がこの寺の境内の松の木の下へお前を祀ってやるから、今後決して人に憑いてはならないぞと云って、そこに立派な石壇を築き、祠を建てて供物を供えてやった。」(『阿波の狸の話』から)
万福寺地図


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/467-ca4946eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad