フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

木野山神社狛犬

狛犬1 狛犬2 狛犬3 狛犬4
狛犬がオオカミの形をしていて、しかもけっこう稚拙であるのがおもしろい。
木野山奥宮拝殿 木野山奥宮拝殿内 木野山奥宮塩
拝殿の入口両側にも塩が盛られている。また、拝殿の中ではたくさんの塩が供えられていた。
「木野山神社奥宮
  村上天皇の天歴9年(995年)創建と伝えられる古社で、大山祇尊、豊玉彦命、大己貴命の三神を奉斎しています。備中松山藩主板倉候の崇仰もあつく、山麓の里宮とともに家内安全、五穀豊作、病気平癒など霊験があらたかで、特に流行病、精神病に対する特殊信仰で社参する人々も多い。御分霊も中国地方各地にまつられ、遠近の人々の熱心な崇敬をあつめています。祭事は現在里宮で全て行なわれており、春、夏の大祭は大変にぎやかです。末社の高龗神、闇龗神はその霊威が恐れ尊ばれて『狼さま』としてあがめられています。  環境庁・岡山県」(案内板から)





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/485-f0d82a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad