フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

楊枝薬師堂

明けて3月7日、楊枝薬師堂に向かう。
熊野川現状 楊枝薬師堂近辺 楊枝薬師堂
昨夜は久しぶりに紀伊田原の国民宿舎に泊まり、そこから新宮に戻って熊野川を遡るが、2011年8月の紀伊半島大水害の爪跡がまだそこここに残っていて、その凄まじさには声もなかった。
 楊枝薬師堂は、水害には遭っていたようだが復興されて、穏やかな所。ミミイシという穴のあいた小石が奉納されていると聞いたが、3月の大祭できれいにされて、あまりたくさんはなかった。
ミミイシ3 ミミイシ2 ミミイシ1
ミミイシ信仰については、京都出水七不思議の日限薬師を知っていたので、三十三間堂の棟木伝説とともに京都に縁があることかと思っていた。しかし、栂嶺レイに熊野のミミイシについての詳しい調査があり(謎のミミイシ、ミミジマさん)また、ミミジマ信仰というものもあり、それを見ると熊野の独自さがむしろありそうだ。
日限薬師
参考:京都出水通日限薬師

紀和町楊枝地図


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/492-d334fff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミミジマサマ

    前回見つけられなかった丸山千枚田近くのミミジマサマを探す。前と同じ所に車を置いて、今度は歩いて向う。牛舎を過ぎ、橋を渡り、曲り角の所に、小さな標識を見つけた。そこから谷の方は見つからず、右の尾根の方にあった。大きな岩だが、小さな穴が開いていた。楊枝薬師と同じ信仰だろうし、熊野では他にもあるようだ(育生町)。糸魚川藤崎観音堂では脱衣婆に穴あき石が掛けられているらしい(中村栄美子『糸魚...

  • 2015/05/28(木) 07:01:04 |
  • フィールドノート(民俗野帖)

FC2Ad