フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

会津墓地

会津藩殉難者墓地入口 会津墓地1 会津墓地2
「会津墓地の由来
 幕末の京都は暗殺や強奪が日常化し、徳川幕府はついに新しい職制を作り京都の治安維持に当たらせることになった。これが京都守護職である。文久二(1862)年閏八月会津藩主松平容保公は十四代将軍徳川家茂から京都守護職に任ぜられ同十二月二十四日、家臣一千名を率いて京都に到着、京都所司代、京都町奉行の出迎えを受けて本陣の黒谷金戒光明寺に威風堂々と入陣した。
 黒谷金戒光明寺は、自然の要塞になっており、御所や粟田口にも近く軍事的要衝の地であった。また、大きな寺域により一千名の軍隊も駐屯することができた。
 当時の京都は尊攘激派による暗殺の坩堝と化していたが、守護職となった会津藩の活動には目を瞠るものがあり、翌年八月十八日には激派の公卿を追放し、元治元(1864)年六月には守護職配下の新撰組による「池田屋騒動」、七月十八日、十九日の「禁門の変」の勝利などで治安は回復されてきた。しかしながら会津藩の犠牲は大きく、藩士や仲間小者などで戦死、戦病死する者が続出した。そこで本陣の金戒光明寺の山上に三百坪の墓地が整備され葬られた。その数は文久二年から慶応三年までの六ヵ年に二百三十七霊をかぞえ、後に慰霊碑を建立し鳥羽伏見の戦いの百十五霊を合祀した。
 松平容保公は孝明天皇ご信住厚く禁裏洛中を挙藩一致して大義を明らかにし、会津軍の忠誠は歴史にその名を残した。この忠烈なる真義に徹した英魂の遺徳を顕彰せんが為にこの碑に由来を誌す。
 松平容保公 都の歌会にて御詠
”窓前竹”
さす月よ うつるのみかは 友ずりの
 こゑさへ きよし 窓の呉竹」
会津墓地3 会津墓地4 会津墓地5
真如堂から山伝いにすぐの処にある。三百五十二霊の会津藩士が眠っている。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/516-7efe45c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad