フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

ニホンオオカミの像

狼像 狼像2 銘板
丹生川上神社からそれほど遠くない所に、東吉野村がニホンオオカミの像を立てている。
「ニホンオオカミ
シカを主食とし、ウマなどを襲うので恐れられていたが、1905年(明治38)に奈良県の鷲家口(わしかぐち)で捕獲された若い雄を最後に絶滅したとみられる。国内には剥製(はくせい)が3点、全身骨格が1点しか残っていない。」
[今泉吉典](『日本大百科全書』から)
三村純也句碑
三村純也句碑「狼は亡(ほろ)び 木霊は存(ながら)ふる」

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/527-d5b6b67a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad