フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

紀州犬のふるさと

紀州犬
御浜町阪本の入口に立てられている看板。岩洞院に弥九郎の墓があり、峯弥九郎の犬マンが紀州犬のはじまりという伝説がある。しかもそれは狼を助けて、授かった狼の子だったというのだ。もう一度弥九郎の墓を訪ねたかったが、丸山千枚田へ向かう。しかし、道は通行止めで雨も降って来たので断念して、新宮へ行く。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/528-724fdbcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岩洞院子安観音・弥九郎の墓

   「曹洞宗岩洞がんどう院は天正七年(一五七九)上野の長徳うわののちようとく寺二世嶽翁玄才の開山。口伝によれば、もと山中の岩窟内にあったが、火災にかかり現在地に再建した(南牟婁郡誌)。」(『三重県の地名』から) 今でも裏山に子安観音が祀られている。また案内板のように、峯弥九郎の猟犬マンが狼犬で、紀州犬の始まりだとある。 この後牛鬼の碑を探すが確証が得られず。 紀州犬の昔ばなし

  • 2014/08/03(日) 09:03:24 |
  • 研究ノートと書評

FC2Ad