フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

オオカミ街道

狼街道1 狼街道2 狼街道3
「古い街灯がありますが、かつてはこの道が新宮市高田から三輪崎に通じる街道でした。」(「熊野の観光名所」から)
「新宮市高田から三輪崎に通じる街道を木ノ川街道と呼ぶが、この街道の別名を狼街道という。本来は塩を運ぶ道であるが、塩を運ぶ商人が狼に襲撃されるので、狼からの避難小屋を設けたのが街道名の由来である。」(「熊野今昔物語」から)どうやら桑の木滝を越え、桑の木谷を登りつめ、カジアゲ峠を越えると荒木川、佐野庄、三輪崎というルートのようだ。ここに狼がよく、塩を狙って現れたので狼街道と呼ばれたようだ。狼は三輪崎の海岸で潮を飲むこともあったらしい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/532-24b74f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad