フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

船上神社

ハスラー 船上山大鳥居
 前回熊野行から車が変わって、スズキハスラーである。鳥取県少年自然の家の所に、大鳥居が立てられている。そこから登ると長いので、さらに車で登って、東坂登山口から登る。
船上山石組 船上神社鳥居 船上神社本殿
 1時間ほどで山上の森の中にある船上神社に着く。
「智積寺跡と船上神社
 船上山は、今から千二百年ほど前、智積仙人が開山したと伝えられ、智積寺とは、船上山の寺坊の総称である。山岳仏教が華やかな頃は、伯耆三山(大山、三徳山、船上山)のひとつとして、五十二の寺坊を擁し、神仏混交の霊山として栄えた。
 鎌倉時代、天皇親政をめざした倒幕計画に失敗し、隠岐へ御遷幸された後醍醐天皇が、元弘三年(1333年)、隠岐より脱出のとき、名和長年が天然の城塞をなした船上山に奉迎し、ここ智積寺本堂を行在所と定め、約八十日間にわたり北條氏を亡ぼす謀をめぐらしたと伝えられる建武中興発祥の地である。
 建武の頃は、壮麗なる社殿であったと言うが、天文十三年、兵火のために社閣坊舎ことごとく焼失、後は、衰退の一途をたどり、明治十一年四月、神仏判然令により寺を竹内へ移し、神社のみとなり船上神社と改称された。
 現在の社殿は、昭和九年に再建されたものである。
                                              琴浦町」(案内板から)
船上山コース
船上山ハイキングコース


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/542-526c8f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad