フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

西山春日神社

西山春日神社石段 西山春日神社大鳥居 西山春日神社参道
「西山春日神社由緒
一、主祭神 天児屋根命あまのこやねのみこと
一、例祭  四月五日
春日大明神縁起(奈良春日大社社誌)によれば、三笠山に御鎮座の春日四所大神に平安末期の久安三(1147)年正月七日西山庄より南都春日社の節句祭に御神供を備進、久安五(1149)年二月申日西山郷字赤衛谷を宮処と定め春日第三殿の天児屋根命を勧請とある。
鎌倉初期の文歴元(1234)年社殿焼失文和二(1353)四月社殿再興、室町時代の弘治三(1557)年赤衛谷より現在地に移転鎮座される。
現在の本殿は江戸中期の延享二(1754)年造営にかかわるものである。
当社は古く平安朝時代から春日大社の四節供祭の御神供料所であったので以来長く明治維新まで続けられた、大正十二年神供料復興の意味で太平洋戦争まで玄米一俵を奉納して来ましたが、戦後中断平成四年に復活して現在に至っています。
明治四十年十月
木生神社(木之久々能智神・名山主真剣荒魂)
八幡神社(応神天皇)  石神社(息長足姫命)
粟島神社(少毘古那命・倉稲魂命)
佐三神社(熊野八荘司之後裔本村長佐三衛門)
津島神社(建速須佐之男命) 浅間神社(木花咲夜毘売命)
神明社(橦木賢木巌之御霊・天疎向津姫命) 山神社(大山祇命)
熊野神社(速玉之男命)は春日神社に合祀される。
明治四年村社に制定され大正三年神饌幣帛料供進社に選定され今日に至る。

木生神社(木尾権現)
宣化天皇の御代(535~539)に大山の頂を宮処と定め木之久々能智命・名山主真剣荒魂の二柱を祭神とし又神の使は狼であると云うも由緒不明なり。
(三国地誌 西山考証)
西山村字魔舘谷は真剣の頸を堕した処(首堕瀧)で、その多くの神霊は魔となって人々を悩ましたるに、その地を魔谷と云う、その魍魎は多くの村民を煩わしたので山獄の頂に真剣の霊を祭り神木を盗んだ悪心を悔い善に帰りたいと願う荒魂と共に木の神をまつり社の称号を木生と号した。
社を斎したが祭礼が行われなかったので村民が多く煩った
これが神の祟りと又社の東北阪を通る馬も多く煩うをもって東向なる祠を南に向けて弘治二(1556)年より始めし祭り(ナスビ祭)を今尚執り続けている。」
(由緒書から)
 どうも真剣というのは名前らしくて、刑死したが祟ったようだ。その神使が狼らしい。

西山春日神社 西山春日神社拝殿 西山春日神社本殿
「春日神社 現上野市西山
『伊水温故』は、奥の谷山たにやまにあった木尾きお権現を『木きノ生うノ社』と書き、『山上ニ社有、牛頭天王ノ垂跡、或ハ権現、当社ノ使獣ハ狼也、春日明神ハ寛弘元年ニ南京ヨリ勧請、当村ノ氏社一山ノ内』と記し、木尾権現は深山の春日社に合祀されている。なお寛弘元年(一〇〇四)勧請説は根拠不明である。」
(『三重県の地名』から)
日本歴史地名大系は全国の神社の由来等に詳しいが、神使は狼と明記しているのはここぐらいだろう。

由緒書に魔谷とあるが、どこだろう?西山春日神社の背後に御斉峠(おとぎとうげ)があり、刑場があったようなので、関係があるかも知れない。
いやもっと近くに西山村騒擾というのがある(共同体の古い神と個人の新しい神)。狼はコレラの伝染への対抗信仰だったことも思い出す。
椿大社から山道を走り、名阪国道を通って行き着いた。木津から笠置、四条畷を通って帰る。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/551-31a2a87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

御斉峠(おとぎとうげ)処刑場

  4月26日近江と伊賀の境の御斉峠に出かけた。タラオカントリークラブにカーナビをあわせて新名神信楽から向う。徳川家康が伊賀越えで逃げた道でもある。 「仕置場跡  徳川家康が天下を統一し、征夷大将軍となり(1603年)江戸に幕府を置き、その直轄地に代官を置いた折、家康の旗本であった多羅尾光太の子光好が、信楽代官所の初代代官に命ぜられて依頼、明治維新まで世襲代官として代々多羅尾氏が代官を...

  • 2015/05/09(土) 07:47:27 |
  • フィールドノート(民俗野帖)

伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)

    「伊太祁曽神社 [現]和歌山市伊太祈曾 旧官幣中社。祭神は五十猛いたける命・大屋津姫おおやつひめ命・枛津姫つまつひめ命の三神で、一括して伊太祁曾三神ともいう。『日本書紀』神代上の宝剣出現の段の一書によると、五十猛神はわが国に木種をもたらした神で、その功によって有功の神と称された。また『先代旧事本紀』地神本紀では大屋彦おおやひこ神ともよばれている。『古事記』上巻にみえる「木国の大屋...

  • 2015/06/21(日) 07:35:11 |
  • フィールドノート(民俗野帖)

FC2Ad