フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

楠木神社・小女郎狸

一番楠 一番楠と楠木神社 一番楠根本
「伝説 小女郎狸
 『小女郎大明神』として楠木神社にまつられている小女郎狸は、壬生川の喜左衛門狸、屋島の禿狸と共に、三兄妹として、伊予狸族の名門で、昔から一番楠に棲んでいた眷族といわれている。代々一宮神社の宮司につかえて、可愛がられていた利口な狸であったが、或日、つい出来心から、初穂の鯛を一匹失敬したことがばれて宮司に叱られ、とうとう古巣の大楠から追放されることになった。それから間もなく、長い間棲みなれた一宮の森を去って当てもなくさ迷い歩くうちに、浜辺へ出た。そして、今漕ぎ出そうとする漁船を見つけたので、慈眼寺の和尚に化けてのりこんだ。その日は、大変鯛がよく釣れるので、鯛にはコリゴリの小女郎狸は、じっと眼をつむって『南無鯛散菩薩』と祈っていたが、足許でピチピチ躍る瀬戸鯛を見ては、空腹の煩悩払うべくもなく、一匹くらいは仏果を得よと、そっと法衣にかくれて盗み食いしているところを、漁師に見つけられ、『この生ぐさ坊主奴』とばかり、櫂をもって一撃をうけた途端に、化けの皮が剥がれ、尻尾を出して、せまい船の中をウロウロして、あわや、水葬礼になるところを、やっとのことで命がが助かり、その時、小女郎は、前非を悔いて、『このご恩は必ず報います。大阪へ着いたら、金の茶釜に化けますから、それを売って鯛の身のしろ金にして下さい』と約束をして、漁師にご恩返しをした。正直な狸である。こうして、茶釜の約束を果たした小女郎は、美しい娘に化けて、道頓堀や、千日前を見物して暮らすようになったが、その後、一宮の森に帰り、『諸願成就』の守り神として、信仰を集めている。」
(案内板から)
 一宮神社の一番楠の根元に、楠木神社があり、小女郎狸が祀られている。ここも境内社が多い。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/566-82f9897b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad