フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

小女郎狸像

新居浜港 口屋記念公民館
「口屋跡由来記
 口屋の由来は、元禄四(1691)年住友家が別子銅山を開坑し、当初粗銅を土居町天満から大阪へ運んでいたが、元禄十五(1702)年銅山越を経て、立川路を新設し、新居浜浦に口屋を設けたことに始まる。
 口屋は、別子銅山から運んで来た粗銅を、船で大阪へ運んだり、銅山で働く人やその家族の食料や日用品その他の資材の搬入、往復する船や仲持、牛馬の発着事務を扱い、明治二十二(1889)年惣開に分店が移転するまでの一八八年間、別子銅山の重要な拠点として、大きな役割を果たしてきた。
 その後、口屋跡は、小学校、町役場、市役所、図書館、公民館へと移り今日に至る。昭和二十四(1949)年に史跡として、愛媛県の指定を受け、往時の新居浜の産業、経済、政治、文化を知る老松が静かに生きつづけている。
                      新居浜市教育委員会」
 この口屋跡記念公民館のすぐ近くに、本町通りに面して、石像が立っていて、これが小女郎狸が女に化けた姿だと伝えられている。
小女郎像 小女郎像2
「本町通り
 元禄十五(1702)年に、別子銅山の新居浜口屋が現在の本町通りに面して設けられ、新居浜浦は次第に発展してきた。この通りには雑貨屋、呉服屋、料理屋、旅館などが立ち並び東新地方第一の繁華街として栄えてきた。明治二十二(1889)年に惣開に分店が移転後、新居浜口屋跡は小学校、町役場、市役所、図書館などになった歴史を見ると、本町通りがメインストリートであったことが伺える。
 また、明治四十三(1911)年には、新居浜町内の各社を合祀して新居神社を本町通りに面して設けたが、昭和二十五(1950)年には大神宮と合せ一宮神社境内に移した。
 昭和十年頃の本町通りには、東は新居浜口屋跡から西は新居神社の手前まで日除けのテントが張られていた。ひもを引くと自由に開閉できるようになっていた。今でいうアーケードである。しかし、昭和六(1931)年に昭和通りが新設されてから、順次商店が昭和通りに移っていった。」(案内板から)
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/568-6ee5f843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad