フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

78番郷照寺

郷照寺本堂 郷照寺太子堂

「『讃岐国名勝図会』には往古は天台宗で、退転していたのを正応元年(一二八八)一遍が再興して時宗に改めた。再び退廃していたが、細川頼之が永和三年(一三七七)再興したとある。『一遍上人絵伝』によると正応二年伊予を旅立った一遍は、陸路讃岐に入り、善通寺・曼荼羅まんだら寺(現善通寺市)を訪れている。このとき宇多津にも寄り、当寺を訪ねたものと思われる。」
(『香川県の地名』から)
 一遍に関わりがあると訪ねたのだが、ここにも狸が祀られていた。
厄除けうたづ大師

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/570-7986e19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad