フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

白禿大明神

浄願寺 浄願寺門右手 白禿大明神鳥居
 香川県高松市番町二丁目という高松市のどまんなかに浄土宗浄願寺があり、そこに白禿大明神神社がある。
「浄願寺の「禿狸」
 浄願寺は京都浄土宗総本山知恩院の末寺です。この古寺に、白禿大明神が祀られています。白禿大明神またの名を「禿さん」と呼ばれた狸は、近くの老夫婦の貧しい生活を救うため茶釜に化けて売られてゆきました。茶釜は毎日磨かれるので、狸の頭は禿てしまい痛い痛いと泣きました。 今泣いたんだれかいの 浄願寺の禿狸 おかざり三つでだぁまった こんな歌が残されています。」(案内板から)
白禿大明神御堂

白禿地図

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/572-c5e9f087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad