フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

大斎原(おおゆのはら)

大斎原大鳥居 大斎原一遍上人碑 大斎原裏口
一遍と熊野権現との縁は深く、一遍が宗教的覚醒を得たのが熊野なのだ。現在でも毎月、熊野本宮では一遍を偲んだお祭りが行われている。
「一遍上人月例祭 毎月23日
1289年(正応二年)8月23日に入寂された一遍上人を偲び、御命日の毎月23日に、大斎原一遍上人碑の前で斎行する。」
(web熊野本宮公式サイトから)
 明治22年の未曾有の大水害で、中・下社は倒壊、本来熊野本宮のあった地は大斎原といわれ、石祠や石碑が遺るのみとなっている。大きな杉も、どうやら洪水以降らしい。しかし聖地の感じは確かに、今の本殿のある所より、こちらにある。
ここへ来たのは2010年2月以来か。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/590-06624786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊野本宮大社

熊野三山は、那智大社が滝を、速玉大社がもともと神倉神社に降臨したというので岩をご神体とするのに対して、森の象徴が本宮ではないかといわれている。こちら。      もともと本宮大社があった大斎原(おおゆのはら)。明治22年の大水で流失したのだが、その洪水の原因が、大量の森林伐採だったというのだから、なんとも皮肉ではある。   

  • 2015/01/07(水) 20:54:20 |
  • フィールドノート(民俗野帖)

一遍上人名号碑

    湯の峰温泉の中心街をちょっと歩くと、まず大阿刀足尼の碑がある。 「大阿刀足尼(おおあとすくね)の碑 湯の峰温泉は、人皇十三代成務天皇のころ(四世紀ごろ)熊野の国造、大阿刀足尼によって発見され、その後歴代上皇の熊野御幸によってその名も広く知られるようになった。」  そこから、もう少し上がると、一遍上人名号碑がある。 「県指定史跡 磨崖名号碑(伝一遍上人名号碑)  昭和42年...

  • 2015/01/13(火) 08:44:04 |
  • フィールドノート(民俗野帖)

FC2Ad