フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

伊敷浜

伊敷浜 伊敷浜2 伊敷浜3
「伊敷浜
 昔、黄金の壷の流れてきた霊地として知られている。当時は食物として海の貝と木の実しかなかったので、ある日白樽夫婦が伊敷浜に参詣し、神様に食物豊饒と子孫繁栄を祈ったところ、沖より黄金の壷が流れてきた。喜んで取ろうとしたが、壷は沖へ流れていった。しばらくすると壷が再びよってきたので、取ろうとしたら又も流れていきました。夫婦は不思議に思い、ヤグル川の水で沐浴をして白衣に着替え、浜で待っている。その壷は流れてきて、今度はたやすくとることができた。夫婦は喜んで家に持ち帰り中を開けると、麦、粟など七種の種子が入っていたと伝えられる。」
(渡船時配布の案内図から)

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/611-f74fc637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad