フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

東の御番所(あがりのうばんじゅ)

東番屋 玉陵庭園1 玉陵庭園2
 玉陵の入口の東側に建物があるので行くと、
「東の御番所(あがりのうばんじゅ)
 東の御番所は、法事の折には国王の控所として使用されました。ところが、太平洋戦争直前には、2間(約360㎝)四方ほどの大きさしかなく、国王の葬儀に使用する龕(かん)(遺骸などを運ぶ御輿のようなもの)や、その他の道具類を保管する倉庫として使用されていたようです。
 2000(平成12)年に発掘調査を行ったところ、東西約18m、南北約12mにわたり、柱を支えた礎石や建物の周囲に巡らされた石敷、便所跡などの遺構が発見されました。さらに、瓦や釘、中国製の青磁や染付、壷屋焼の陶器などの破片も出土しました。
 驚いたことに、西の御番所の部屋割を描いた図を反転させると、ほぼ柱の位置が一致することがわかりました。そこで、遺構や写真などを元に分析し、東の御番所を復元しました。
 復元にあたっては、砂などで遺構を保護し、元の面より約45㎝上げて整備を行っています。」(案内板から)
 御番所を掃除していたボランティアのおじさんが、面白いもの見せてあげる、というので、御番所の裏に回ると、庭園のアコウの木を指して、他の木を絞め殺している、という。ガジュマルやアコウはこの頃は庭には植えないそうだ。自分で動いて他の木を絞め殺してしまうのだそうだ。そのおじさん、識名園の方にも園丁に行っているそうで、私たちもこれから行くつもりだと話した。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/625-7cd996e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad