フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

大川(うふかー)

大川1 大川2 大川水神
「大川(うふかー)
 古来、人々は泉の湧く所を見つけ、集落を形成してきた。そのため、古い泉は人々の飲料水・生活用水として大切にされ、かつ神聖視されてきた。
 このウフカーも戦後まで、正月のワカウビー(若水)を汲む井泉として利用されてきた。また、ウフカーの豊富な水を利用して昭和30年代に簡易水道が敷設され、繁多川の各世帯に水が供給された。

所在地 那覇市繁多川2丁目4番地
面積  221㎡、水深 2.8m
                 平成20年3月31日 繁多川自治会」
(案内板から)

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/634-2b906bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad