フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

識名園

識名園石橋 識名園六角堂 識名園建物
「識名園概要
 識名園(俗にシチナヌウドゥンと呼ぶ)は琉球王家最大の別邸で、国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用されました。18世紀の終わりごろつくられ、1800年に尚温王冊封のため訪れた正使趙文楷、副使李鼎元を招いています。
 王家の別邸は、17世紀の後半、首里の﨑山村(現在の首里﨑山町)に御茶屋御殿がつくられました。首里城の東に位置したので、御茶屋御殿は「東苑」とも呼ばれ、識名園は首里城の南にあるので「南苑」とも呼ばれました。
 識名園の造園形式は、池のまわりを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「周遊式庭園」になっています。「周遊式庭園」は、近世に日本の諸大名が競ってつくるようになった造園形式ですが、識名園の池に浮かぶ島には、中国風あずまやの六角堂や大小のアーチ橋が配され、池の周囲を琉球石灰岩で積みまわすなど、琉球独特の工夫が見られます。
 識名園は、かつて春は池の東の梅林に花が咲いてその香りが漂い、夏には中島や泉のほとりの藤、秋には池のほとりの桔梗が美しい花を咲かせ、「常夏」の沖縄にあって四季の移ろいを楽しめるよう、巧みな気配りがなされていました。
 指定面積は約41,997㎡(約12,726坪)となっています。1941(昭和16)年に国の名勝に指定されましたが、去る大戦によって壊滅的な破壊を受けました。1975(昭和50)年から整備が進められ、約20年の歳月と約8億円にも上る費用を費やして、ようやく今日のような姿を取り戻しました。1976(昭和51)年1月30日、再び国の名勝の指定を受け、2000(平成12)年3月30日には、特別名勝に指定され、さらに同年12月2日、ユネスコの世界遺産に登録されました。」
(パンフレットから)
 家屋は修理中で中には入れなかった。
識名園育徳泉 識名園滝口

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/637-46910800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad