フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

玉置山

玉置山からの景観 玉置山の霧 玉置山の森
「玉置山たまきさん [現]十津川村大字玉置川
 大峰山脈最南端の山。標高は一〇七六・四メートル。東は北山きたやま川と支流の葛くず川、西と南は十津川と支流の芦廼瀬あしのせ川によって囲まれている。岩質は石英斑岩からなっている。「大和志」に「在玉井川村西北一里峯巒森列有月見窟中山土室等別峯」とある。大峯七十五靡一〇番の行所で、悪除童子の在所である。山上に玉置神社が鎮座する。もと別当寺高牟婁たかむろ院もあり、永らく神仏混淆の形をとっていた。」(『奈良県の地名』から)
 天候が悪く、玉置神社への参道は霧の中。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/643-a853be33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad