フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)

伊太祁曽神社鳥居 伊太祁曽神社参道 伊太祁曽神社二の鳥居 伊太祁曽神社拝殿
「伊太祁曽神社 [現]和歌山市伊太祈曾
旧官幣中社。祭神は五十猛いたける命・大屋津姫おおやつひめ命・枛津姫つまつひめ命の三神で、一括して伊太祁曾三神ともいう。『日本書紀』神代上の宝剣出現の段の一書によると、五十猛神はわが国に木種をもたらした神で、その功によって有功の神と称された。また『先代旧事本紀』地神本紀では大屋彦おおやひこ神ともよばれている。『古事記』上巻にみえる「木国の大屋毘古神」も大屋津姫命と対の神名であると考えられ、五十猛命の異称であろう。一方、紀州志略(大阪府立中之島図書館蔵)は当社の項に縁起にいうとして、河内国岩堀明神、大峯釈迦嶽科戸明神、伊勢山田風宮、皆この神のことで、和銅六年(七一三)一〇月に当地に降臨したと記す。そのほかにも、中世頃から祭神を手力男たぢからお命とする説もあらわれたが、『続風土記』は誤伝とする。」(『和歌山県の地名』から)
気生神社 祇園神社 御井社
 境内は広く、五十猛命の荒魂を祀る気生神社、牛頭天王(五十猛の父神須佐之男命)を祀った祇園社、井戸を祀った御井社等たくさん。特に気生社は、西山春日でオオカミを祀ったといわれる木生神社と同じではないかと思える。

紀伊一宮といわれる神社は三つもあって、日前宮、丹生都比売神社とこの伊太祁曽神社とのことだ。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/658-62472231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad