フィールドノート(民俗野帖)

「研究ノートと書評」改め

緒方三社・一宮八幡神社

一宮社鳥居 一宮社神門 一宮社境内
「一ノ宮八幡宮 いちのみやはちまんぐう[現]緒方町久土知
 宮園みやぞの地区の東部にある。祭神は仲哀天皇・応神天皇・神功皇后・高龗神・猿田彦命。旧郷社。治承二年(一一七八)八月緒方惟栄の勧請した緒方三社の一つと伝えられ、「豊後国志」は久土知くどち山上にあると記す。社伝によれば、惟栄は豊前宇佐宮を破却した際に流れ矢が当たり、その矢を抜くことができなかった。そこで自領に宇佐八幡を勧請して一五〇町を寄進することを神前に誓ったところ傷はたちまち癒えた。惟栄は帰郷ののち当社を造営したという(緒方村誌)。」(『大分県の地名』から)
 二宮社の本殿の左側から登り道がついており、途中、シシ除け柵の戸を開け閉めして通る。岡の頂上辺りに鎮座している。
一宮社本殿 一宮社屋根


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hottalab.blog103.fc2.com/tb.php/714-aacfdb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad